ピューレパールでちくびの黒ずみも改善できる?

ピューレパールは、ちくびの黒ずみも改善することは出来るのでしょうか?
ちくびも、Iライン同様下着の摩擦で黒ずみが出来てしまうんですよね。
とても悲しいですが、下着を着用しないといけないのですから仕方のないことです。

しかし、実はちくびの黒ずみには2種類あるのです。
つまり、ピューレパールが効果を発揮する黒ずみと、効果を発揮できない黒ずみがあります。

ここでは、ピューレパールのちくびの黒ずみへの効果と、2種類の黒ずみについてご紹介していきます。

2種類の黒ずみの原因

冒頭でもお話しした通り、ちくびには2種類の黒ずみがあります。
1つは先天性の黒ずみ、もう1つは刺激による黒ずみです。

残念ながら、先天性の黒ずみにはピューレパールは効果を発揮することが出来ません。
理由としては、以下の通りです。

・生まれつき黒い場合、遺伝が関係している可能性が高い
・黒人がピューレパールを使っても白くならないのと同じ理屈

簡単に申し上げればこういう事です。
生まれつき色の濃いちくびは、遺伝も関係している可能性が高い為、ピューレパールを使用しても改善されない場合があります。

しかし、下着などによる刺激によってできた黒ずみにはピューレパールは効果が期待できます。

ちくびにピューレパールを使うなら

もしも、現在ちくびの色で悩まれている方は、生まれたときの写真などをご両親から見せてもらうようにしましょう。
もしも先天性だった場合は、ピューレパールを使用しても、効果は発揮されないため、お金がもったいないです。

ある程度の年齢のころの自分を思い出すのも一つの手ですが、記憶は曖昧なものですので、やはり写真などを見るのが一番ですね。

もしも、生まれたときの写真でキレイな色をしている場合は、下着や汗、ムレなどといった刺激が原因で黒ずみとなっている可能性がありますので、その場合はピューレパールを試してみましょう。

特別、誰かに見られる場所ではありませんが、鏡を見るたびに何となく気になるという気持ちはよくわかります。
また、彼氏や旦那さんとの夜も、憂鬱になってしまいますからね。

プラスαでできること

ちくびの黒ずみにも、やはりお風呂でのナイロンのタオルの使用はやめましょう。
お肌に優しいタオルを使用し、お肌に優しい石鹸などを利用することをお勧めします。
そして、できるだけ保湿を心がけるようにしましょう。

保湿はピューレパールでも行うことができますが、もしもまだピューレパールを購入されていない方は、保湿できるクリームなどをしっかりと塗るようにしてください。

生まれつき濃い方は皮膚科で相談

生まれつきちくびの黒ずみが気になるという方は、皮膚科に相談するのもアリかと思います。
ただ、部位が部位なだけに恥ずかしいかもしれませんが、そこは勇気を出して相談してみてください。
何科解決策があるかもしれません。

ピューレパールの詳細が気になる方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね!